介護のお役立ち情報を配信中!

介護を支えるケアマネジャー(介護支援専門員)とは?

「ケアマネジャー」「ケアマネ」と呼ばれていますが、正式名称は「介護支援専門員」といいます。

 

「ケアマネジャー」という言葉を辞書で調べたり、インターネットで検索したりすると「介護保険制度においてケアマネジメントを行う専門職」という説明文を見かけます。

 

「ケアマネジメントを行う専門職」とは具体的にはどのような職業なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

ケアマネジャーの仕事は介護保険法に定められています

難しい話を少しさせていただければ、ケアマネジャーは『介護保険法第79条』に以下のように定められています。

 

「要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、介護保険施設等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者として政令で定める者」。

 

分かりやすく説明すると「要介護認定を受けた「要介護者」からの相談を受けて、その方の身体や認知症などの精神状態を考慮して、自宅や施設での介護保険サービスが適切に利用して、その方が自立した生活ができるようにサービスの連絡や調整を行う専門的な知識や技術を持っていることを人」として法律で定められている有資格者がケアマネジャーです。

 

ケアマネジャーになるためには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、所定の研修を終了した人のみが都道府県知事認定「介護支援専門員資格者証」を受け取り「介護支援専門員」と名乗ることができる専門職です。

 

「介護支援専門員」は都道府県知事認定資格となっていますが、「介護支援専門員実務研修受講試験」は全国共通で、合否判定の基準も全国統一されています。

 

 

 

ケアマネジャーの仕事

介護を必要している「要介護者」ご本人やご家族が介護についての相談を受けて、その方が望む生活が実現できるための手段としての「介護保険サービス」をどのように組み合わせるかをご本人やご家族と一緒に考えて調整を行います。

 

介護保険サービスの利用は介護度によって利用限度額が定められています。

 

ケアマネジャーは限度額の範囲内で、適切なサービスの組み合わせを考え、ご利用者やご家族へ提案を行います。

 

介護保険サービスを利用するためには、要介護者の状態に最適な「ケアプラン」を作成し介護保険サービスの調整を行います。介護サービスの事業者は「ケアプラン」に基づいて、ご利用者へサービスを行います。ケアマネジャーはそのサービスが適切に実施されているか、効果があるか、継続が必要かどうかを確認します。

 

効果が認められない時や心身の状態に変化があり、サービスの変更が必要と判断されると、再度、サービスの種類や内容の検討を行い、ケアプランを作成し、ご利用者に最適な介護保険サービスが適切に提供できるように調整を行います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

ケアマネジャーの役割

ケアマネジャーは、要介護認定を受けて介護を必要としている「要介護者」と「介護保険サービス」とを結びつける役割を担っています。

 

要介護認定を受けた方が介護保険サービスを利用するにはケアマネジャーが作成した「ケアプラン」が必須です。

 

そのためケアマネジャーはケアプランが適切に機能しているかどうかについて常に気を配っています。

 

ケアマネジャーは介護保険制度の「要」の役割を担っているともいえるでしょう。

 

 

 

ケアマネジャーの仕事は法令順守

ケアマネジャーの職務は介護保険法に定められています。

 

ケアマネジャーがご利用者への支援を行う時、介護保険サービスを調整する時には、介護保険法や厚生労働省から発令される省令に基づいた「法令順守」の範囲での支援を実施します。

 

例えば「洗濯機をヘルパーさんにお願いしたい。私の分だけでは水道代ももったいないので、家族の分の一緒にお願いしたい。」とご利用者様より相談依頼があったとします。

 

ご利用者様はヘルパー支援が必要だと判断し、支援を開始します。ご家族の洗濯物を洗うことはできません。

 

それは、介護保険はご本人のための支援であり、ご家族への支援は行ってはならないと規定されているからです。

 

つまり、ご家族の洗濯物を一緒に洗うことは法律で認められていないのです。

 

ご本人やご家族からは「ついでだから」「これくらい」と言われることは多くあります。

 

言われていることや、お気持ちは良く分かりますが、法律で決められていることを違反することはできないのです。また、事業所へ違反することを勧めることもできないのです。

 

「法令を順守する」ということはそのような「些細なこと」と思われることを守ることなのです。

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。