介護のお役立ち情報を配信中!

自宅でのリハビリを支援する訪問リハビリの種類と内容とは?

リハビリを続けたいけれど、リハビリに通うことができない場合には、自宅にリハビリ専門の方に来てもらうことができます。それが『訪問リハビリ』です。

 

身体の機能訓練を主に主に行う「理学療法士」。

身体の動きを見ながら動作の訓練を行う「作業療法士」。

飲み込みや言葉の訓練を行う「言語聴覚士」。

 

それぞれの専門職が、何を目的としてリハビリを行いたいのか、どんなリハビリが効果的なのかを主治医の意見に基づいて、自宅へ訪問して、生活の場所で訓練を受けることができます。

 

スポンサードリンク

 

 

理学療法士の訓練って?

理学療法士は「身体の機能と動作を訓練します」。

 

例えば、病気の後遺症で麻痺して動かなくなったり、関節が固くなって、動かしにくくなったりしている場合、麻痺した部分の動きを見ながら、関節の固さをほぐして、やわらかに動かすための訓練や、筋肉のマッサージをしたりします。

 

立つ、座る、歩く、足を上げる、手を挙げる、腕を曲げる等の、身体の基本的な動かし方を、麻痺した部分を無理しなくても動くように、アドバイスしながら訓練を行います。

 

ご利用者のご自宅へ訪問して、ご自宅の中でどのような動きができれば、安全に立ち上がってあることができるかを判断して、運動プログラムを作成し、それを基にしてリハビリを行います。

 

訪問リハビリでの訓練は限られていますので、せっかくの訓練でできていることが続けられるように、自分でできる「自主訓練」やストレッチの指導もあります。

 

 

 

作業療法士の訓練は?

自宅でリハビリを続けるのは、住んで生活している場で介助を受けることなく、自力できることを多くして、自立した生活が送れるようになることが目的です。

 

例えば、手すりにつかまって立つ時間が長くできるようになると、トイレに自分で行くことができるようになります。

 

トイレの手すりにつかまって、ズボンの上げ下ろしができて、便座に座ることができると、誰かを待たずに、行きたい時にトイレに行く自由を手にすることができます。

 

手すりにつかまって「立つ」力を訓練するのは「理学療法士」ですが、「手すりにつかまる動作が安全にできる」ように訓練するのが「作業療法士」です。

 

トイレまで行くために、どのような動きをするのか、その時に転んだりしないためにはどうしたらいいのか、手すりは必要か、など、自宅の環境を整えるための助言も行います。

 

「こういうことができるようになりたい」という希望をかなえるためには、どのような動作や動きを行えばいいのかを考え、そのためにどのような訓練(作業)を行います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

言語聴覚士ってどんなことをするのですか?

「言語聴覚士」という名称はまだまだ知らない方も多いと思います。

 

理学療法士、作業療法士よりも、新しい資格ですが、高齢化が進むこれからの社会には欠かせない資格となっています。

 

年齢を重ねると、少しずつ飲み込む力が弱くなってきます。また、病気の後遺症でも、飲み込むことが難しい障害が残ることがあります。

 

そのような時に、飲み込みの訓練を行うのが「言語聴覚士」です。

 

舌の動き、のどの動きを確認しながら、その方に合った食事の方法や形、やわらかさ等をアドバイスしてもらうことができます。

 

その方の状態に合わせた食事を食べることで「むせる」ことが少なくなり、気管や肺に食べ物や唾液が入ることで起きる肺炎を防ぐことができます。

 

「言語聴覚士」は病気の後遺症で「言葉を話す」ことができなくなった方たちへも「言葉を話す」訓練を行います。

 

話し言葉や文字を書く練習、読む練習、聞く練習などの「言葉」の訓練も行っています。

 

 

 

自宅で生活する力をつける「訪問リハビリ」

訪問介護や訪問看護などはご利用者が「自分でする」というよりも「手伝ってもらう」支援といえるでしょう。

 

「訪問リハビリ」はご利用者の自分の力を生かして、伸ばしていけるように訓練を行う支援といえます。

 

ご利用者お一人おひとり、暮らしている環境は異なります。ご利用者お一人おひとりの身体の状態も異なります。

 

ご自宅へ訪問することで、普段の生活を送るために、お一人おひとりに合わせたゴールに向かって、どのような訓練を行うことが効果的なのかを考えて支援するのが「訪問リハビリ」です。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。