介護のお役立ち情報を配信中!

訪問入浴介護を利用して安心・安全入浴!料金やサービスの内容とは?

お風呂は自宅で生活する中で「転ぶ」心配が一番高い場所です。

 

手すりをつけたり、滑りにくいマットを敷いたり、座りやすい椅子を用意したり、色々と工夫をしても、お風呂は介助が難しい場所です。

 

訪問介護や訪問看護で入浴介助の支援を受けても、立ち上がることや浴槽を乗り越えることができなくなると、シャワーをするだけになってきます。

 

座ることが難しくなると、シャワーもできなくなります。

 

身体を丁寧に拭いても、お風呂に入って、お湯で洗い流すさっぱりとした気持ち良さを味わうことはできません。

 

お風呂に入ってさっぱりと気持ち良く過ごしたい、そんな希望をかなえてくれるのが『訪問入浴』です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

訪問入浴ってどんなサービスって?

自宅の浴槽で入浴することが難しくなり、さらにはデイサービスへ通所して入浴を介助してもらうことも難しくなってくることもあるかと思います。

 

そうなると「お風呂に入る」ことがご自宅の生活ではとても大変な介護になってきます。

 

そういったとき、自宅に『浴槽』を持ち込んで、専門のスタッフが訪問して入浴の介助をしてもらう介護保険サービスが『訪問入浴』です。

 

移動式の浴槽なので、せまい場所や高層階にお住まいの方にも対応することができます。

 

スタッフは介護職員と看護職員との3名1チームとなっている場合が多いようです。入浴を始める前に、血圧や体温を測定し、体調を確認します。

 

体調が悪く入浴できない場合は、身体を拭いてもらうこともできます。

 

スタッフに看護職員がいますので、体調の管理を看護の専門家が判断してもらうことができるので安心です。

 

床ずれがある場合の傷の処置等も医師の指示に基づいて行うこともできます。

 

 

 

どうしたら訪問入浴介護が利用できますか?

訪問入浴介護のご利用を希望する場合は、要介護認定を持っていることが必要です。

 

体調が悪い方や、起き上がることができない方が訪問入浴介護をご利用されるため、入浴を行っても良いかどうかについて主治医へ意見を伺い入浴の許可や注意事項を確認することがあります。

 

他の介護保険サービスと同様に、ケアプランの中に『訪問入浴介護』を組み込み、記載されていることが必要です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

訪問入浴介護を受ける時の注意ってありますか?

訪問入浴介護は1回の利用料金が1回約1,200円と、高額になっています。

 

介護度によって定められた限度額の範囲内での利用を考える時、他の介護保険サービスとの兼ね合いを考える必要があります。

 

訪問入浴介護の事業所により行われているサービスは少しずつ内容が異なります。

 

ご利用者やご家族と、どのようなサービスが行われているのか、ケアマネジャーに確認しながら事業所を選択しましょう。

 

持ち込みの浴槽の形状や大きさなども事業所によって異なります。

 

入浴に使用する水はご自宅の水道水を使用します。入浴車でお湯に沸かしますが、高層階等で、沸かすことができない時は、ご自宅のお風呂のお湯を使用する場合があます。

 

訪問入浴介護を利用する場合は、入浴する場所、水やお湯の取り込み方法、入浴後の排水場所と排水方法を確認する必要があるので、自宅を訪問してもらい、手順なども含めて打ち合わせを行った方が安心できますので、必ず行うようにしましょう。

 

 

 

訪問介護入浴を利用して気持ち良く過ごしましょう

日本人にとって、よほどのお風呂嫌いの方でなければ、お風呂に入ってさっぱりする感覚は、忘れられないものでしょう。

 

訪問入浴をご利用される方は、ベッドで過ごされる時間が長い方がほとんどです。

 

お風呂に入る機会は、制限されていて、お風呂に入ることをご本人もご家族も諦めているのではないでしょうか?

 

「入浴をする」「お湯に入る」ということは、肌の清潔を保つ効果だけでなく、さっぱりと気持ち良く、リフレッシュできるという精神的な効果も大きく期待できます。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。