介護のお役立ち情報を配信中!

訪問介護とは?種類や生活援助と身体介護の違いも徹底解説!

「腰や足が痛くて、掃除や料理をすることができなくなったので、ヘルパーさんをお願いしたいと思っているが、何を手伝ってくれるのかしら?」

 

「買い物に行くことができなくなったので、お買い物をお願いすることができるかしら?」

『ヘルパーさんにお願い』することはどのようなことができるのでしょうか?

 

分かっているようで分かっていない、分かりにくい「訪問介護」について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

訪問介護って何?

『訪問介護』とは、介護を必要としているご利用者のご自宅を訪問して、家事や入浴や排泄の援助を行い、ご利用者はもちろんですが、介護されているご家族の負担を少しでも軽減してもらうことができ、自宅での生活が継続できるように支援を行うことです。

 
サービスの利用は原則として、介護認定の結果「要介護」や「要支援」と認定された方が対象となります。

 

 

訪問介護の種類は何があるのですか?

主に「家事」と言われる掃除、洗濯、調理などを行うのが『生活援助』です。

 

食事の手伝い、入浴や排泄の介助、洋服の着替えの介助等直接ご利用者の身体に触れる『身体介護』があります。

 

 

生活援助について

『生活援助』は、自宅で生活をするために自宅を訪問して、必要な家事を援助するもので、掃除や洗濯、買い物、調理などを行います。

 

ケアマネジャーが作成した「ケアプラン」に記載している内容の支援を行うことができます。ケアプランには、必要な支援内容と支援内容を実施できる時間、訪問回数等が記載されています。

 

生活援助を介護保険サービスで組み合わせる時に、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。

 

例えば、同居しているご家族分の洗濯をすることや、ご飯の支度等をすることは介護保険法では認められていません。

 

掃除ができる場所はご利用者だけが使用している部屋と決められていて、ご家族と一緒に過ごす居間や台所はできないことになっています。

 

これは、介護保険サービスを利用できるのは、要介護認定を持っている当事者に限ることが法律で定められているからです。

 

また、生活に直接関係ない(と言ってしまっていいのかどうかは、迷うところですが)窓ガラス磨きや庭の草取り、飾り花の水替え等は介護保険サービスではできません。

 

介護保険サービスでは「してもらいたいことが、してもらえない」との声が聞かれますが

法律に定められているのでヘルパーさんは「してあげたくても、することができない」というジレンマを持っているとも聞いています。

 

住んでいる市町村によって、訪問介護でできること、できないことが決められていることもあるので、ケアマネジャーを通して確認を行ってもらいましょう。

 

同居しているご家族がいる場合は、生活援助でできる内容が限定されることがあるからです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

身体介護について

『身体介護』はご自宅を訪問して、「ご利用者の身体に直接触れて介護を行う」ことです。

 

朝や夜の着替えの介助や、食事の介助と薬を飲む介助、自宅のお風呂に入る介助、オムツ交換やトイレでの動作を介助するなどがあります。

 

生活援助と同様ですが、どのような介助や援助をどのような手順で行うのか、どれくらい時間がかかるのかを、ご利用者の状態など考慮しながら、ケアマネジャーと相談して「ケアプラン」に記載します。ケアプランに記載されている支援を行うことになりますので、支援内容や手順は十分に確認をしましょう。

 

病院への通院も身体介護として介助を受けることができます。

 

 

 

自宅での生活を支える訪問介護の役割

「自宅でいつまでも暮らし続けたい」とはだれもが望んでいます。住み替えをしても、自分の生活ペースで、暮らし続けたいと願う人は多いでしょう。

 

年齢を重ねると、今まで普通にこなせていた家事が捗らなくなり、家の中が乱雑に散らかってしまう。食事も作るのが億劫なので、栄養バランス良い食事を食べることができない。

 

ご家族は介護を続けて、自宅で過ごしてもらいたいと思ってはいるけれど、24時間、ずっとでは身体も心も疲れてしまって、家族が病院通いをしている、そのようなことも良く見聞きします。

 

そういう時に、自宅で介護の支援を受ける「訪問介護」を利用することで、気持ち良く片付いた部屋で、美味しい食事を食べることができます。

 

また、入浴介助をヘルパーさんにお願いすると、ご家族は入浴介助の負担から解放され、その時間は身体を休めることができます。

 

もちろん、訪問介護だけではご自宅の生活を支援する事は難しいのですが、他の介護サービスと組み合わせて、自分らしい生活を続ける方法の一つとしての役割が「訪問介護」にはあります。

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。