介護のお役立ち情報を配信中!

介護サービス計画書とは?様式の内容は?変更もできる?

介護サービスの利用が始まる前に、ご利用者やご家族の希望や要望をケアマネジャーさんが聞き取り、それを基にして「介護サービス計画」をケアマネジャーが作ります。

 

ご利用者やご家族の希望する生活を実現できて、続けるためにはどういうサービスを組み合わせたらいいのか、どのような援助をするのか、と書いてあるものが「介護サービス計画書」です。

 

では、どのような計画書があるのか、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

ケアマネジャーが作る「介護サービス計画書」

介護保険認定の申請を行い、介護度の通知が届いたら、どのような介護サービスを利用すればいいのか、を考えなくてなりません。

 

要介護認定を受けても、必要ないので、と利用されない方もいますが、今回は、ご利用する事を前提に考えていきましょう。

 

介護サービスの利用を開始する前に相談する人が「ケアマネジャー」です。

 

ケアマネジャーは、ご利用者やご家族の希望や要望、それから、今、困っていることなどを聞きます。

 

困っていることを解決する方法と、要望と希望を実現する方法について、介護サービスをどのように組み合わせることが望ましいのかを、一緒に相談し考えて、その方に合っているだろうと思われる介護サービスを提案します。

 

その提案に基づいて、介護サービス事業者や支援する内容などを具体的に書き込んでいるのが『介護サービス計画書(ケアプラン)』です。

 

 

 

「介護サービス計画書」には何が書かれているの?

「介護サービス計画書」には、ご利用者やご家族から伺った話の内容や言葉を基に「どのようなことに困っていて、どうすれば解決して、希望する生活ができるか」が書かれています。

 

希望する生活を実現するための目標と目標が達成されるための方法としての介護サービスのサービス(支援)の内容、介護事業所、月や週の内何回利用するか等の回数などが具体的に書かれています。

 

介護サービスだけではなく、ご利用者がご自分でできること、続けることも書かれていますし、ご家族ができる協力なども記入されています。

 

介護サービスの利用だけではなく、ご利用者の生活する姿がイメージできるように書かれています。

 

スポンサードリンク

 

 

介護サービス事業所の「介護計画書」って何?

介護サービスの利用が開始されると、利用する介護サービス事業所からも「介護支援計画書」等の計画書へのサインをお願いします、と言われます。

 

ケアマネジャーが作成した「介護サービス計画書」と介護サービス利用開始前に行った話し合い(サービス担当者会議)を基に、各事業所は事業所ごとに「介護計画書」を作成しなくてはなりません。

 

各事業所が、ご利用者の生活を実現するためにどのような支援を行うかについて、より具体的に記載がされています。

 

逆に、ケアマネジャーや介護サービス事業所が作成する「計画書」に記載の無い介護サービスや支援は介護保険でのご利用ができない、ということになります。

 

 

 

「介護サービス計画書」の変更ってできないのですか?

介護サービスを利用して、状態が良くなっていく方が多くいる一方で、病気や転倒などのために状態が悪くなっていく方もいます。

 

状態が変わって、必要な支援も変わった時には「介護サービス計画書」を変えることができます。

 

毎月1度、ケアマネジャーがご自宅を訪問して、ご様子を確認するのは、今の計画書の内容が適切かどうか、を判断するためでもあります。

 

適切でないと判断されたり、ご利用者やご家族から「このような支援を追加してもらいたい」と要望が新たに出されたりした時は、「介護サービス計画書」を変更し、新しい介護サービスを追加したり、支援内容を変更したりします。

 

 

 

介護サービス計画書は介護サービスの要です。

介護保険を利用して介護サービスを受けるためには「介護サービス計画書」に基づいて、「サービス担当者会議」を開催する必要があります。

 

面倒だな、と思われている方は大勢でしょう。

 

すぐに、デイサービスに行ったり、ヘルパーさんに来てもらったりしたらいいじゃないか?と思いますよね。

 

でも、介護保険のサービスを一人ひとりが好きに自分の都合だけで利用してしまったら、

介護保険の制度はあっという間に壊れてしまうでしょう。

 

ご利用者一人ひとりに合わせた適切な(過剰でもなく、不足でもない)介護サービスの利用ができるように、調整して計画を作ることが法律で決められています。

 

その要が「介護サービス計画書」です。

スポンサードリンク
コメントは利用できません。