介護のお役立ち情報を配信中!

介護保険サービスって何があるの?主な一覧を超簡単に紹介!

ご家族が要介護状態になったので、介護保険のサービスを利用したいと思って、役所の窓口を訪問して申請しました。

 

「認定調査」が行われ、約1ヶ月後に要介護度が記入された介護保険証が送られてきました。

 

「介護保険のサービスの利用について」と書かれた書類も同封されていました。

 

役所の窓口で申請する時に、説明してもらったり、資料を受け取ったりしましたが、何が何だか、よく分からなかったな!?と思われませんでしたか?

 

介護保険サービスにはどのような種類があるのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

出かけて利用する介護保険サービス(通所系サービス)

自宅へ迎えに来てもらい、利用する方が集まって、1日を過ごす介護保険サービスを【通所系サービス】と言います。「通いのサービス」という言い方をすることもあります。

 

『デイサービス』『通所リハビリ』が主な「通所系サービス」です。

 

『デイサービス』では、デイサービスセンターなどに通って、食事や入浴の介助を受けたり、リハビリのような運動やレクリエーションなどへ参加したり、ご利用者の目標に合わせてサービスの内容を選択することができます。

 

『通所リハビリ』では病院や介護老人保健施設に併設されたリハビリ事業所へ通って、食事や入浴、歩行等の日常生活を送るための動作が自分でできるように、リハビリテーション(機能訓練)を行います。

 

 

 

自宅に来てもらって利用する介護保険サービス(訪問系サービス)

自宅へ来てもらって、自宅での生活を続けることができるように手伝ってもらう介護保険サービスを【訪問系サービス】と言います。

 

訪問系サービスには「ヘルパーさんに自宅に来てもらって、家での生活を援助してもらう『訪問介護』」、「看護師さんに自宅へ来てもらって、健康管理をしてもらう『訪問看護』」、「リハビリの方に自宅へリハビリをしてもらう『訪問リハビリ』」、「お医者さんに自宅へ定期的に来てもらって診察をしてもらう『訪問診療』」等があります。

 

その他にも、薬、歯、栄養などの専門職の方が自宅へ訪問して、助言や指導を行ってくれます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

お泊りに行く介護保険サービス(ショートステイ)

食事や日常生活にご家族の支援が24時間必要な状態になると、ご家族が遠方に外出しなくてはいけない時や、体調を崩したりした時に、介護を受けている方をどうしたらいいのか?ととても困ることになります。

 

そういう時に利用できるのが【ショートステイ】と言われている『短期入所生活介護』です。

 

宿泊のサービスを利用することで、ご家族の方も安心して外出したり、身体を休めたりすることができます。

 

 

 

家の環境を整えて暮らしやすくする介護保険サービス(福祉用具)

介護が必要となった時に、その方の状態に合わせて自宅をリフォームすることができると介護する方も介護される方も身体的に負担も少なくなり安心して過ごすことができます。

 

でも、現実には、予算や賃貸住宅などの問題もあり、リフォームは難しいですね。

 

そのような時に、必要な箇所へレンタルで手すりを置いたり、取り付けたりする方法があります。レンタルなので、不要になったら、取り外すことができますし、状態が変わったら状態に合わせて変更することもできます。

 

また、要介護2からは車椅子や電動ベッドを借りることができます。

ご自宅での生活環境を、暮らしやすくするために、色々な物をレンタルで整えることを

【福祉用具貸与(たいよ)】と言います。

 

住宅改修や福祉用具購入などの介護保険サービスを利用して生活環境を整える方法もあります。

 

 

 

まとめ

介護保険サービスは介護を受ける方の状態やご家族の状況に合わせて、どのような組み合わせが一番適切なのか、ということを考えなくてはなりません。

 

適切な介護保険サービスの組み合わせを、ご本人、ご家族だけで考えるのは難しいことです。

 

例えば「デイサービス」にも利用時間やその事業所の特色などは様々です。全ての事業所へ連絡して、見学して決めることは、ほぼ不可能です。

 

必要な介護保険サービスを、適切に利用することで、ご本人、ご家族ともに頑張りすぎずに、楽で安心できる生活を続けることができます。

 

分からないことや不安なことは、遠慮せずに、住んでいる地域の行政の介護保険担当の窓口や「地域包括支援センター」へ相談することをお勧めします。

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。